MENU

敏感肌の人が注意した方が良いこと

衣服や紫外線や髪の毛によるちょっとした刺激でも肌にかゆみや痛み、ピリピリ感が起こってしまう敏感肌。原因は複数考えられるのですが、そのうちのひとつとしてよくいわれているのは、良くないスキンケアの仕方です。

 

洗顔の際、よく泡立てずに強い力で肌をこすったり、毎日パックをしたりするのは敏感肌を誘発したり助長したりすることになる良くないスキンケア方法だといわれています。また敏感肌を改善するには肌に潤いを与えることが大切だろうと思い込み、化粧水をたくさん使ったりするのはよした方が良いです。保湿能力の衰えている肌に外から水分を補給しても肌内部には蓄えられず、ほとんど蒸発してしまう可能性が高く、化粧水に含まれる化学物質による刺激で敏感肌が助長される可能性も高いためです。

 

また食事・睡眠などの生活習慣の乱れも、肌が敏感になる原因のひとつとしてよくいわれています。食事は基本的に三食バランス良く食べることが大事で、皮膚の元となるたんぱく質やターンオーバーを促す栄養素ビタミンA、亜鉛などなどを積極的に摂取するようにするのが良いといわれています。睡眠はゴールデンタイムといわれている22時から2時までの間を外さないようにするのがベストで、週末の寝だめなどはほとんど意味がないといわれています。ただ長く眠ればいいのではなく、質の良い睡眠をとることが大事なので、適度な運動をしたり、寝る前にテレビやスマホを見たりしないような習慣を身に着けることもまた、重要だといわれています。

 

他にアレルギー、便秘、精神的ストレスなども、敏感肌の原因となるといわれています。敏感肌の早期改善には、自分の敏感肌が主にどのような原因によるものなのかをできるだけ正確に把握し、それにふさわしい対処をすることが大事だといえます。

30代の肌に適したスキンケア方法

肌というのは年齢とともに衰え、劣化していくものなので、トラブルの少ない健康的な肌をキープするためには、年齢に応じてスキンケア方法を変えていくことが必要だといわれています。

 

そして30代というのは、そのひとつの節目だといわれています。30代は20代に比べて肌の水分量や皮脂量が低下しているので、そのことを考慮したスキンケア方法を実践することが大事で、たとえば化粧水は、保湿効果の高いセラミド配合のものを使用するのがベターだといわれています。

 

クレンジングや洗顔に関しては、より肌への刺激の少ない方法で行うのがベターだといわれています。具体的には、洗顔料をなるだけ使わないようにしたり、負担の少ないもの(ジェル・ミルクタイプのクレンジング剤、コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドなどの保湿成分が配合された洗顔料など)に変えたりすることや、水道水ではなく、ミネラルウォーターを使ったりすることなどが挙げられます。

 

また30代は20代に比べて古い角質が肌に蓄積されやすいので、それを解消できるスキンケア方法を取り入れることも大事だといわれています。具体的には、ピーリングケア剤を使用するスキンケアのことですが、これは頻繁に行うと肌を痛める可能性が高いため、やりすぎないように注意する必要があるといわれています。

関連ページ

ヒアルロン酸の"美肌効果"は!?【皮膚内での働きが凄い!】
ヒアルロン酸についてまとめています。
意外と知らない!?【いちご鼻の"原因"と"対処法"まとめ】
いちご鼻の原因と対処法についてです。
【知らないと怖い】知っておきたい"美肌洗顔"のポイントとは?
正しい洗顔のポイントを紹介しています。
洗顔料の"選び方"のポイントとは!?【保湿成分って必要なの?】
「洗顔料に保湿成分が必要なのか?」という疑問についてまとめました。
【美肌のカギ!】コラーゲンは基礎化粧品で増やせるのか?!
肌内部のコラーゲンを基礎化粧品で増やせるのか?という疑問についてまとめました。
【肌負担を減らそう】見習うべき"芸能人"の美肌の保ち方とは?
美肌を保つために実践しておきたいことをまとめました。