MENU

コラーゲンは基礎化粧品で増やせるのか?!

美肌と深い関わりのある「コラーゲン」。

 

コラーゲンドリンクやコラーゲンサプリメント、パウダー状のコラーゲンなど様々なコラーゲン商品が販売されていることから考えても、美肌を保つためにコラーゲンが必要不可欠な成分であることが分かりますよね(^_-)-☆

 

そもそもコラーゲンがどのような働きをしてくれているのかと申しますと…それはそれはスゴい働きをしています(笑)

 

そう!
「お肌のハリ・弾力を支える」という働きですね。

 

ちなみにコラーゲンが存在しているのは…角質層の奥にある真皮層。
コラーゲンは、その真皮の70%を占める言うなれば「肌の土台」的な成分なのです◎

 

でも・・・真皮層にあるコラーゲンを化粧品で増やせるの?
そんな疑問をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

 

確かに、コラーゲン配合の化粧水や美容液など実に様々なコラーゲン配合コスメが販売されていますからね♪

 

その効果を狙っている方も多いかもしれませんが・・・結論から言うと残念ながらこれらのアイテムでは直接的に真皮のコラーゲン量を増加させることはできません×

 

コラーゲンにしろ、ヒアルロンにしろ、真皮層に存在する成分を化粧品で増やすことはできないのです。

 

それならなぜ基礎化粧品にコラーゲンが配合されているのか?
それはコラーゲンに、肌表面の保湿効果を高めて乾燥やシワからお肌を守る効果があるためです◎

 

また、低分子コラーゲンが使われている化粧品の中には、肌表面にとどまらず角質層にまで浸透する可能性があるものもあります。

 

角質層まで浸透してくれれば、肌内部の保湿効果も期待できるため、さらに高い保湿力を得ることができるでしょう◎

 

美肌をキープするためには、コラーゲンを減らさないことが大切!

 

紫外線は真皮にまで達し、コラーゲンにダメージを与えて壊してしまいますので、しっかりとUVケアをするようにしましょうね♪

刺激がツラい!敏感肌の洗顔選びにご注意を◎

洗顔しているだけなのに、剤が触れると顔がピリピリ、洗い上がりはパリッパリ・・・。

 

スキンケアの一貫として洗顔が必要なのは分かっていても、毎日刺激と戦うのはツラいものですよね(x_x;)

 

洗顔をする際に刺激を感じる敏感肌さんは、とにもかくにも洗顔料選びに注意することが大切!

 

「刺激を感じるのが当たり前」だと思っている方もいるかもしれませんが、それは大間違いです◎

 

今使っている洗顔料に刺激を感じる方は、その洗顔料がお肌に合っていない証拠。
弱ったお肌に過度な負担がかかっている証です。

 

特に洗顔フォームを使用している人は要注意。
一般的に洗顔フォームには強い洗浄力をもつ洗浄成分が使われているケースが多く、この成分はお肌に刺激を与えます。

 

”洗浄力が強い=石油系の成分”と思ってしまいがちですが、実はこれは誤りで、天然成分由来の洗浄成分でも石油系のものより洗浄力が強いものが存在します。

 

ですが、どの成分がどのくらい強い洗浄力なのかというのは素人目で判断するのは難しいのが実際のトコロ・・・。

 

そんなときに頼りになるのが、「敏感肌専用」のアイテムです。

 

敏感肌専用の洗顔料は、できるだけお肌に負担がかからないよう作られているため、洗浄力の強すぎないマイルドな使用感のものが多く、これらのアイテムは敏感肌さんでも安全に使用できます◎

 

また、安全性にこだわった商品選びのポイントとして覚えておきたいのが・・・「合成着色料」や「合成香料」が使用されていないかどうかという点。

 

合成着色料や合成香料は敏感肌さんのお肌には、ツラいものがあります。
安全うんぬんを抜きにしても、そもそも洗顔料に色付けや香りは必要ありませんよね(*^_^*)

 

余計なものは入っていないシンプルな成分のものをチョイスする◎
この点にも注目して洗顔料を選んでみてくださいね(^_-)-☆

関連ページ

ヒアルロン酸の"美肌効果"は!?【皮膚内での働きが凄い!】
ヒアルロン酸についてまとめています。
意外と知らない!?【いちご鼻の"原因"と"対処法"まとめ】
いちご鼻の原因と対処法についてです。
【知らないと怖い】知っておきたい"美肌洗顔"のポイントとは?
正しい洗顔のポイントを紹介しています。
洗顔料の"選び方"のポイントとは!?【保湿成分って必要なの?】
「洗顔料に保湿成分が必要なのか?」という疑問についてまとめました。